マット・デイモンの映画「オデッセイ」を見てきました


マット・デイモンの映画「オデッセイ」を見てきました
こちらの映画は「火星にひとり取り残された宇宙飛行士のサバイバル」という内容で
ちょっと想像できない内容でどう展開していくかってところ
期待してました

実際に映画館で
マット・デイモン主演の映画「オデッセイ」を見た感じは

この映画よかったです。
想像も付かない内容だったので、映画がどういう風に流れるか?って思てましたが
やはり、どんどん新鮮なストーリーが流れて行きました

宇宙や火星、さらに宇宙飛行士、宇宙飛行士同士のやり取り
どれも、全て未知の世界でした

この映画を観る事で、宇宙、火星などの知識が少し増えたのかも?
あと、映画を観る側が少しこれらの知識を持って「オデッセイ」を見ると
さらに理解でき、もっと細かい部分も楽しめた感じがしました

私には、その知識がないので
もしかして理解できていない部分、捉えられていない部分があったのでは??と感じてます

それでも、十分、未知の世界の映画「オデッセイ」を楽しむ事が出来ました

宇宙に私と同様に知識ない人、興味があまりない人が見ても
この映画は楽しめると思います


[2016/02/07 07:20] | movie | page top
| ホーム |